e.max プレスベーシックコース

10月8,9日に『e.maxプレス ベーシックコース』に参加してきました。

 

自分自身何年ぶり?もしかして20年ぶりの研修会かもしれない

エンプレスは勤務時、臨床に使っていたのでシステム自体、全く初めてという訳ではありません。e.maxに変わり、マテリアルの違いなど特性の理解度を高めたくて参加しました。

 

研修内容はステイン法によるアンレーの製作とカットバック法によるラミネートヴェニア、そしてe.maxセラムを使用しての築盛法でした。

ウォッシュベイクの仕方などリキッドとペーストの使い分けといった細かなテクニックはとても勉強になりました。

 

当日いざ実習が始まって見ると間違った筆を持ってきていたり、形態修正用のポイントなど忘れ物が多くて焦りました。

特にこれを忘れたので作業がやり辛く大変でした。ラミネートの保持に普段使用しているスマイルライン社の『ホールディングゲル』 お勧めですよ

 

ワセリンでも良いと思いますが模型にしっかりとラミネートを保持することが出来、作業が行いやすくしかもそのまま焼成出来るという優れものです。

研修ルームもとても素晴らしくて集中して実習に取り組めました。講師の城山先生とスタッフの方からとても丁寧にレクチャーして頂き有難う御座いました。

参加者の皆さんお疲れ様でした。