製品案内

オールセラミックス

金属のフレームの無い陶材のみで形成されたもの。光を透過しやすいため、より審美的な補綴製品。e.maxは400MPaの曲げ強度を有する高強度のプレス用セラミックで、今まで以上に適合性の良い補綴物の製作が可能になりました。

ジルコニアクラウン、ラミネートベニア、セラミックインレーなどもオールセラミックスと呼ばれる製品です。患者様の要望や口腔内の状態により適切な素材の組み合わせが可能です。

IPS e.max

「二ケイ酸リチウムを主成分とするIPS e.maxは過去に試験したセラミックス修復物の中でもっとも強い」という研究発表が出されて以来注目されています。

1000N(ニュートン)で100万回の圧力を加えた破壊強度試験に耐えた400Mpaの曲げ強度を有するe.maxでは、セラミックインレーからオールセラミックスクラウン、ラミネートベニアなど金属に置き換わる素材です。

ジルコニアクラウン

白い金属といわれるジルコニアのフレームに陶材を焼付けオールセラミックスにいっそう強度を持たせたもので、金属アレルギーの方の奥歯にも用いられる補綴製品。

 

症例ジルコニア

  ジルコニア2

ラミネートベニア

オールセラミックスの補綴物で付け爪のような形状のもの。テトラサイクリンで変色した歯を覆うなど、審美的な要素が多くおもに下地の色を隠して歯を白く見せる補綴製品。

 

症例ラミネートベニア

セラミックインレー/ポーセレンインレー

オールセラミックスの補綴物として金属アレルギーなどに有効な陶材の詰め物。強度は金属製のインレーと比較すると劣りますが、下顎の奥歯など笑った時に見える所へ使用することで審美的には有効な補綴製品。

メタルセラミックス

陶材を貴金属に焼付ける事により強度を持たせたもの。一般的には差し歯、メタルボンドと呼ばれる製品。

 

症例メタルセラミックス

  メタルセラミックス2

インプラント

機能の回復をおもな目的に、強度の必要な部位には、メタルセラミックと組み合わせた補綴物、審美性の必要な部位にはジルコニアと組み合わせた上部構造を製作。

 

症例ジルコニアインプラント

  インプラント