診断用ワックスアップ

 患者さまの要望と歯科医師の治療計画の可能性を図るための診断用ワックスアップを行います。ここでは現在の歯列にワックスを盛り足す程度にします。歯科医師より決められた顎位を元に縦の軸横の軸といった基準を設定し視覚的に現在不足している部分と正常な歯列より出っ張っているあるいは引っ込んでいるといった事の理解を図ります。

プロビジョナル製作

 

症例 中央区八重洲 東京ステー ション歯科クリニック 小川洋一先生