下顎前歯製作

下顎の前歯の補綴は極力歯質を残す方法を取りましたが、各支台歯の状態に分けてラミネートのフィニッシングラインの設定位置を歯科医師と相談しながら決めました。

 

事前のワックスアップより最終到達点が明確にされている為に、技工士からはその形を具現化する為に形成見本となる参考模型を提示するなどなるべく意思の疎通を図ることが大切です。なるべく立ち会うようにしております。

 

模型による評価

 

症例 中央区八重洲 東京ステー ション歯科クリニック 小川洋一先生